Google Pixel3 XLを買ってYmobileのSIMを使う

今更ですがPixcel3 XLが中古でかなり安くなっていたので購入しました。 Pixel3と4の違いとしては以下の記事にわかりやすくまとめられています。 https://japanese.engadget.com/2019/10/15/pixel-4-pixel-3-felica-esim/?guccounter=1&guce_referrer=aHR0cHM6Ly93d3cuZ29vZ2xlLmNvbS8&guce_referrer_sig=AQAAAL-Fp37DiZA75vnJIfq9fYIG7HeOkDJ-w1MhKf7LBZ5NhBCjOXUq7LMcSrfLE66OS-U_EOAOMa5M3spt4HFSydjiTCYDV70X46oXyfclW1-bJBolNIrdodUWtj--ZN3yeBXT43XOHqItfthxx97pg1T2dyW_Jjrqith8ehCxL9MN ざっと見て目新しい違いとしては... メモリが4GBから6GBへ 指紋認証が無くなった(FaceIDへ) Motion Senseが追加 カメラが2眼レフへ ぐらいでしょうか。あとは大きな変化はないと思います。 個人的に顔認証より指紋認証派なのでこれがないとちょっと困ります。 Motion Senseは現状そこまで興味が沸いていない。また中古でかなり安くなっているところを買ったので、Pixel4が中古に出回って安くなるのはだいぶ先になる。などなどの理由から、全く後悔は…

続きを読む

【AWS】コンソールログインに二段階認証(MFA)を設定する

AWSコンソールへのログインは通常アカウント、ユーザー名、パスワードによって認証しますが、これにMFAを加えて確実に本人しか認証できないようにするのがベターです。 MFA ー Multi-Factor Authentication携帯電話や他のデバイスを仮想多要素認証として使用すること。このデバイスをMFAデバイスという。 事前準備 ここではMFAデバイスとしてAndroid携帯を使用する これにより、このAndroid携帯の持ち主にしか認証できないようにするのが目的 認証アプリをインストール 認証用のアプリとして、Google 認証システムを使う (これ以外にもいろいろあるが使ったことない...) https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.authenticator2この他にもSymantec製や https://play.google.com/store/apps/details?id=com.verisign.mvip.main マイクロソフト製がある https://play.google.com/store/apps/details?id=com.azure.authenticator 事前準備は以上 MFAの設定 AWSコンソールへログイン IAM ユーザーアクセスと暗号化キーの管理を開く (サ…

続きを読む

【Android】2019/11からtargetSdkVersionが28未満のアプリはGoogle Playで公…

Google Playからこんなメールが来てました。 This is a reminder that starting November 1, 2019, updates to apps and games on Google Play will be required to target Android 9 (API level 28) or higher. After this date, the Play Console will prevent you from submitting new APKs with a targetSdkVersion less than 28. タイトルの通りですが2019/11からtargetSdkVersionが28未満のアプリはGoogle Playで公開できなくなるようです。昨年もありましたね。今年はAndroid9が対象のAPIレベルとなるようです。 Play Console での対象 API レベルに関する要件 https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/113469#targetsdk

続きを読む

【GAS】Logger.logとconsole.logの違い

前回 作成したスクリプトの定期実行された際のログが記録されないのでなんでか調べてみました。 実験用スクリプト 試しにコンソールにも出力してみる function myFunction() { Logger.log('Hello World!! (Logger)'); console.log('Hello World!! (console)'); } デバッグログ 「Ctrl」+「Enter」で実行した結果が以下 実行ログ サイドメニューの実行数から当該のタスクを確認したのが以下 console.log により出力したログが、実行ログとして記録されるようです。Loggerはデバッグ時しか出ないのでここは使い分けというか注意が必要...

続きを読む

Google Apps Scriptを使ってみた

以前から気になっていましたが、個人的に今一番注目しているサービス、「Google Apps Script(以下GAS)」を使ってみたのでまとめておきます。 Google Apps Scriptとは Googleドライブ上で実行されるScriptで、様々なGoogleサービスと連携したり外部サービスにFetchできる。 また、その実行に関してはトリガーイベントやスケジューリングの設定が可能 コードはJavascriptがベース(npmは残念ながら非対応、Node.jsは使えない) 制約 主な制約については以下の記事に大変見やすくまとめられています。 https://shunsuk.com/gas-quotas/ 個人的に気になっていたのは、無料アカウントでの以下の点 URL Fetch コール数 20,000 / 日 URL Fetch レスポンスサイズ 50MB / コール URL Fetch POST サイズ 50MB / コール 無料枠でこれだけあれば十分、制約なんてあってないようなもんですね。 事前準備 Chromeでウェブストアから拡張機能を追加 https://chrome.google.com/webstore/detail/google-apps-script/eoieeedlomnegifmaghhjnghhmcldobl?hl=ja コードから実行まで https://script.google…

続きを読む

【AWS】S3へファイルアップロード(PHP)

以前書いた FuelPHPでファイルアップロード の続きで、Amazon S3へアップロードする部分をまとめます。 SDKセットアップ composerを使ってインストールします。 以下をcomposer.jsonに追加してcomposer installを実行 "aws/aws-sdk-php": "^3.99" S3へアップロードする処理 名前空間 use \Aws\Credentials\CredentialProvider; use \Aws\S3\S3Client; use \Aws\S3\Exception\S3Exception; 処理 // ①認証情報を取得 $provider = CredentialProvider::defaultProvider(); // ②S3Clientを生成 $s3client = new S3Client([ 'region' => 'ap-northeast-1', 'version' => '2006-03-01', 'credentials' => $provider, ]); foreach (Upload::get_files() as $file) { // ③URLを決定 $filename = 'images/'.$file['saved_as']; …

続きを読む

【PHP】多言語のデータをCSVに出力する

多言語のテキストを含むデータをCSVファイルに出力して、さらにエクセルで開いて編集したいという要件があったのでその時の対応メモ データのイメージとしては以下 $data = [ array( 'id' => 1, 'name_ja-JP' => 'テスト', 'name_en-US' => 'test', 'name_zh-CN' => '测验', 'name_ko-KR' => '테스트', ), array( 'id' => 2, 'name_ja-JP' => '茄子', 'name_en-US' => 'eggplant', 'name_zh-CN' => '雄狮', 'name_ko-KR' => '가지', ), ]; ダメなケース 処理 最初は以下のようなコードだった。 エクセルで編集という要件から、Shift-JISに変換して出力している。 $handle = fopen('data.csv', 'w'); foreach($data as $row){ array_walk($row, function(&$item){ $item = mb_…

続きを読む

スポンサーリンク