【git】forkしたブランチに本家のmasterブランチの更新を反映する

Git forkしたリポジトリで作業をしている時、本家のmasterブランチの修正を取り込む手順です。 現状を確認(1) $ git remote -v origin https://github.com/[リポジトリ] (fetch) origin https://github.com/[リポジトリ] (push) 更新用のリポジトリ(upstream)を作成する $ git remote add upstream [fork元リポジトリ] 現状を確認(2) $ git remote -v origin https://github.com/[リポジトリ] (fetch) origin https://github.com/[リポジトリ] (push) upstream https://github.com/[fork元リポジトリ] (fetch) upstream [fork元リポジトリ] (push) upstreamをフェッチする $ git fetch upstream remote: Enumerating objects: 10, done. remote: Counting objects: 100% (10/10), done. remote: Compressing objects: 100% (10/10), done. remote: Total 10 (delta 0), reused 4 (…

続きを読む

もっと見る

スポンサーリンク