【git】forkしたブランチに本家のmasterブランチの更新を反映する

Git forkしたリポジトリで作業をしている時、本家のmasterブランチの修正を取り込む手順です。 現状を確認(1) $ git remote -v origin https://github.com/[リポジトリ] (fetch) origin https://github.com/[リポジトリ] (push) 更新用のリポジトリ(upstream)を作成する $ git remote add upstream [fork元リポジトリ] 現状を確認(2) $ git remote -v origin https://github.com/[リポジトリ] (fetch) origin https://github.com/[リポジトリ] (push) upstream https://github.com/[fork元リポジトリ] (fetch) upstream [fork元リポジトリ] (push) upstreamをフェッチする $ git fetch upstream remote: Enumerating objects: 10, done. remote: Counting objects: 100% (10/10), done. remote: Compressing objects: 100% (10/10), done. remote: Total 10 (delta 0), reused 4 (…

続きを読む

TeraTermを使用したポートフォワードの設定について

TeraTermのポートフォワードを利用して、Eclipse等のIDEでリモート接続する手順をまとめます。 SSH転送(ポートフォワード)を設定する 「設定」→「SSH転送」→「追加」をクリック ローカルのポート、リモート側ホスト、ポートをそれぞれ入力する。 ※ローカルのポートは任意の番号を入力(ここでは10022) ※SSH接続ポートはデフォルトが22 追加されたことを確認したらOK コマンドプロンプトで状態を確認する 上記で設定したポート番号でLISTEN状態が追加されていることが確認できる。 ここまで来たら、IDEのリモート設定で localhost:10022 へ接続すればするだけです。 また、「設定」→「設定の保存」でこの状態に名前をつけて保存しておくと次回から設定ファイルを読み込むだけで使えます。 さらにこのポートフォワードを複数設定することで踏み台サーバーを経由した多段SSH接続が可能です。 ポートフォワード … 特定のポートに送られてきたデータを別のIPアドレスに転送すること

続きを読む

ThinkPad X220 電源ランプが一瞬ついて起動しない

もう十年近く使っているThinkPad X220が突然起動しなくなり非常に困りました。 症状 電源を入れると電源ランプが一瞬だけ付くがすぐに消えてしまう。 原因 原因は至って単純で電源コードが抜けていたためのバッテリー切れでした。本当に長年使っているのでバッテリーが老化して、3時間ぐらいしか持たなくなっています。(なまじ電源ランプが一瞬付くため、ハード系の障害かなにかかと思いかなり焦りました。。) 最近はファンも気になるぐらいうるさいので、今度分解して大掃除しようかと思っています。

続きを読む

スポンサーリンク